人気ブログランキング |

カテゴリ:映画( 2 )

トゥルーマンショー

ジムキャリーの「トゥルーマンショー」を見ました。

これは全世界で放映されてる24時間ドキュメント番組のお話です。
主人公はトゥルーマン(ジム)。
話は彼の生まれてから今までの30年間、彼の生活そのままが
ずっと放映されてるのです。
もちろん彼の周りはエキストラ。
彼の住む街は大きな大きな撮影スタジオ。
隣の住人も近所中、会社の人も得意先も待ち行く人も母も、小さい時に死んだ父も、
そして妻さえもみんな彼の人生の中ではその役を演じてるエキストラなんです。
もちろん彼は知りません。
だってそれが彼の世界なんですから。
そんな彼の日常を世界中の人がテレビの前で見ているのです。

ところがある日、空からライトが落ちてきた。
慌てたスタッフは飛行機の部品が落ちる事故が発生した、
なんてラジオ放送するけど、そこに小さい時に海で死んだ父がひょっこり現れ、
彼は気付づく。
この世界すべてが作られた世界なのだと。



この映画のジムはコメディーではなく、ちゃんとしたシリアスです。
でもまあコミカルな動きするんですけどね、面白い話でした。
わからないようにカメラがあっちこっちに付いてるんだけど、ジムの周りの人は
みんな時々カメラ目線で時々商品の名前をわざとらしく口にする。
これがコマーシャルになるw
皆が着てる服とか使ってる商品とか全部その番組から買う事が出来る。
世界中がトゥルーマンに一喜一憂してる。
でも、これって道徳的にあかんやろ?って思うんだけど映画ではその辺りは触れないw
産む前に母に捨てられた赤ん坊を使って作られた壮大な
実話ドラマだったわけだけど、最後の最後まで彼のワンマンショーのような映画でした。


たまにはこういう映画も面白いね~。

by kanahyskoa | 2008-07-12 15:26 | 映画

ライアーライアー

昨日ケーブルでジム・キャリー主演の「ライアーライアー」を観ました。

ヤン君がジム・キャリー大好きなんだけど私は特に思い入れのない俳優さんです。
この人ってコメディーの人だと思ってたしヒットした「マスク」も
コメディーなんで受け入れ難かった。
私アメリカ映画はコメディーとファンタジーは生理的に無理なんですよね。
だからハリポタも指輪も眉毛ボーボーのコメディーの人もの見たことない。
ついでに言うとスターウォーズシリーズもまったく観た事ない。
なんかやっぱ受け入れられない映画ってあるよね。
そんな感じで観た事なかったジム・キャリー。
ヤン君がどうしても観たいと言うので見たんですが、これが結構面白かった。


主人公のジムは嘘を巧みに使い分け、世渡り上手で 裁判上手の敏腕弁護士。
離婚して5歳の息子がいるんだけど息子との仲も、別れた妻ともその恋人とも
良好な関係を築いてた。
息子の事はもの凄く愛してるんだけど忙しすぎて いつも約束を
すっぽかしてしまい、息子を失望させてきた。
元妻の恋人が息子と本当の親子のように接してるのを見てると、 心が痛む。
そんなある日5歳の息子が誕生日に 「1日パパが嘘をつきませんように」と願って
それが本当に叶ったもんだからさあ大変。
嘘を付く事で難しい裁判も勝利してきたジムは何故か急に嘘が
まったく付けなくなり、周りとの人間関係も 裁判も散々な結果になってしまう。



この嘘を付こうとすると言葉が出てこない演技ってのが
ジム・キャリーの十八番のようで凄い面白いんです。
彼は表情がくるくる変わって全身で演技してる。
こういう役者は世界中でも彼だけなんじゃないかな~。
映画の終りにNG集が出るんだけど同じシーンを何度も撮ってる。
だけどその殆んどがアドリブ。
相手役も周りも大笑いの中で本編に使われる1シーンが出来るみたいです。
あんな全身で体当たりの演技を何シーンも撮るなんて体力あるな~とビックリしました。
周りの役者もジムがどんな演技をするかその時にしかわからないんだから
大変ですよね。

面白い撮り方するんだな~と思いましたね。
そしてコメディーだと思ってたけど親子愛がテーマなんでホロっと泣けるんですよ。
笑いの後に泣きが来る。
そんな映画でした。
そしてこの映画、ヤン君は大好きなんで何回も見てるらしい。
でも何回見てもいい映画だそうです。
ま、確かに私もまだ見れそうな気がするなw

ジム・キャリーだけは趣味が合わないと思ってたけど
やっぱ似た者同士なんだな、私達w

by kanahyskoa | 2008-07-10 08:56 | 映画